オニに金棒、地域にクリエイティブ。

山形を拠点に活動する“kanabou”は、
宮本武典とakaoniのクリエイティブユニットです。
現代のアートとデザインの手法で、
地域とクリエイターのエンゲージメントを推進し、
その芸術的な可能性と社会的役割を創造していきます。

  • Takenori Miyamoto
    Takenori Miyamoto
    宮本武典/キュレーター、アートプロデューサー。1974年奈良県奈良市生まれ。武蔵野美術大学大学院で絵画を学び、海外子女教育振興財団派遣教諭(泰日協会学校/バンコク)、武蔵野美術大学パリ賞受賞により渡仏(Cité Internationale des Arts)、原美術館学芸部アシスタントを経て、2005年に東北芸術工科大学(山形市)へ。現在、同大学主任学芸員・大学院准教授。 展覧会やアートフェスのキュレーションの他、地域振興や社会貢献のためのCSRや教育プログラム、出版活動などをプロデュース。「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ」のプログラムディレクター、とんがりビル「KUGURU」キュレーター、東根市公益文化施設「まなびあテラス」芸術アドバイザー。

    http://takenorimiyamoto.jp/
  • akaoni
    akaoni
    2004年設立の山形県に拠点を置くクリエイティブチーム。地域に根ざす〈自然、暮らし、食、技術〉などの魅力をデザインを通して表現。メーンバーは代表でデザイナーの小板橋基希をはじめ、WEBデザイナーの後藤ノブや、コピーライターの空豆みきおなど。グラフィックデザインなどの紙媒体から、ウェブサイト制作まで、地域企業や団体のブランディングにもたずさわっている。「アカるく、すなオニ」をモットーに、ローカルから世界へ、ポジティブなデザインワークを発信。

    http://akaoni.org/
  • 荒井センパイと絵本の学校
  • 山形をいく REDISCOVER YAMAGATA
  • 荒井良二とふらっぐしっぷ
  • 森羅万象茶屋
  • あのとき あれから それから それから
  • BIVOUAC FOR TOHOKU
  • 荒井良二の山形じゃあにぃ
  • イシノメイキング
  • こども芸術の家+アートと暮らしの交差点
  • みちのおくノート+こども芸術の家
  • 山形ビエンナーレ
  • 塩竃市杉村惇美術館
  • 東北未来絵本
  • spoken words project「iiti」
  • バーンロムサイ+ワタナベアニ写真展
  • 盆地文庫